巨人・脱コンパクトで全球本塁打狙い!鹿取GMは異例の縦カット直接指導

巨人の秋季キャンプが充実しているようだ。このキャンプの成果が生きるかどうかは来季シーズンまで分からないが、選手の意識は変わってくる気配は感じる。

その巨人の新打撃コーチには6年ぶりに吉村氏が就任しましたが、さっそく巨人の若手の打撃再生に取り組んでいた。

その中の1人、3年目の岡本和真に練習では全球本塁打指令、空振りしてもいいから思い切り振れ、結果なんかださなくていいから思い切り振れと吉村打撃コーチから指導されているのである。

今季途中から2軍監督に就任した内田氏も同じ教えで岡本が復調したようにあれやこれや教えるより岡本にはシンプルにプレッシャーをかけずにフルスイング指令が合うように感じますが、

そういえば、もと巨人の大田泰示選手は日本ハムに移籍したさいには巨人の重圧、プレッシャーを語り、巨人では確かにプレッシャーはあった、日本ハムではのびのび野球が出来る、巨人ではチャンスは少ないが、日本ハムは打てなくても次の日も信頼してくれ試合に出してくれる、怒られないというコメントをしていましたが、まさに巨人の環境は打たないとチャンスは少なく怒られ若手はビクビクしているように感じる。

特にパリーグは新人選手や若手にはフルスイング指令の教えはめずらしくなく、そこがパリーグの選手はスイングが早いなどという良く言われている指導法ですが、巨人はチーム打撃が優先の教え、若手にはコンパクト、チーム打撃優先で特に今年は右打ちを徹底していたように感じ、山本などのフルスイングが持ち味の選手もシーズン後半までは、右に強い打球を意識しチーム打撃の強い意識を感じていた。

しかし、他球団はチーム打撃よりもまずはフルスイング、強いスイングを教え後から状況に応じたチームバッティングを指導しているというコメントを見ますが、そこが巨人の若手が伸びない理由なのかもしれない。

若手は結果ばかり求められ、コーチが紙面で若手は打たないと使わないとか若手のプレッシャーにしかならないコメントを良く見ますが、吉村打撃コーチの結果なんか出さなくてもいいから思い切り振れという教えが巨人から聞こえてきたのは朗報だ。

これがペナント中でも徹底出来れば巨人の若手は変わってくるかもしれない。

鹿取GMが異例の宝刀縦カット直接指導

編成TOPの鹿取GMが異例の直接指導、高木選手には原氏が監督時代に命名した高木ボールというカットがあるが、今季は横に曲がりすぎ見極められていたという。

そこへカットを得意としていた鹿取GMは自ら球の握りをアドバイスし縦に落ちるカットを高木に教え、今のままだと振ってくれない、と縦に落ちるボールを伝授していた。

吉村打撃コーチに関しては、吉川尚にも打撃指導しているようで、3人のトロイカ体制での打撃コーチの指導は誰の言う事を聞けばいいのかわからなくなる危険性も感じ、新人へのこまかな指導も危険に感じたりもしますが、吉川尚も今季終盤に復調してきただけに吉村打撃コーチの新しい指導で、内田氏から指導されてきた今季のスイングが崩れなければいいなとも感じますが、来季に向け動き出した巨人の若手が良い方向に変わっていくことを願うばかりだ。

また、片岡新2軍コーチは背番号70を付け本日からノック練習、まだ難しいとなとコメントしていたが、まだ片岡の背番号70には凄く違和感があるのは私だけだろうか・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする