広島カープが田中俊太をリストアップ!兄・広輔と兄弟プレー誕生か

広島カープが今秋ドラフト会議で、田中広輔の弟である田中俊太(内野手)をドラフト候補にリストアップしたことが28日に分かった。

広島カープは28日にスカウト会議を開き、今秋ドラフトでの指名選手の上位候補を確認。最上位候補に、JR東日本の左腕、田嶋大樹投手・日立の鈴木康平投手・ヤマハの鈴木博投手(ロッテのと2軍戦で157キロを計測)・立命大の大学No1左腕、東 克樹投手らが挙がった。

また、この日の会議では清宮幸太郎内野手や広陵の中村捕手の名前は挙がらなかったとのことだが、強い関心、清宮幸太郎よりも地元の中村を優先している情報が挙がっている。

その中で、今秋ドラフトでの指名候補に名前が挙がった選手に、田中広輔選手の弟である日立の田中俊太(内野手)があったようだ。

スポンサーリンク

広島がドラフトで田中俊太を指名か

もともと高いレベルである田中俊太内野手の評価は高い。筆者も春から注目してい選手で今秋ドラフトでは上位候補、AランクまたはA+ランクの実力だと確信していましたが、ドラフトも1か月を切り各球団からの指名候補に田中俊太内野手の名前が挙がってきている。

筆頭候補はヤクルト。昨日、ヤクルトは田中俊太内野手の上位指名候補に挙げ、即戦力の内野手として獲得を狙っていることが判明したばかりだが、広島も28日に田中俊太内野手の指名候補リスト入りを初めて表明した。

プロ野球選手にとってはどこからでも指名されることは光栄なことであろうが、田中俊太内野手は兄といつか一緒にプレーしたいと語っているのである。

ここで広島が獲得を表明したことでその夢に一歩近づいたことは確かだが、獲得を匂わせているヤクルトが広島よりも2位での指名順が早く、もしもヤクルトが2位で獲得を狙えば広島は獲得出来なくなってしまい、他球団も表明こそしてないものの、今秋ドラフトでは内野手不足の球団が多く2位指名で田中選手に特攻してくることも考えられる。

仮に、3位の指名順が早い広島は他球団が2位で指名してこなければ3位で獲得出来る可能性は高く、他球団は宮本丈や山崎、藤岡内野手を狙っている球団もあり、ヤクルトが2位で指名してこなければ3位指名順の早い広島が3位で獲得出来る可能性は大。

逆を言えばヤクルトは3位では、広島に先を越されるために2位指名は必須となることから、ヤクルト次第で広島が田中俊太を獲得出来るかにかかってきそうだ・・

田中俊太・プロフィール

田中俊太選手のプロフィールはこちらへ。

田中俊太(日立製作所)2017ドラフト指名候補!プロ注目の内野手
広島カープの田中広輔選手の弟であり、巨人の元監督である原辰徳氏と一緒に甲子園に行った父を持つ田中俊太選手は兄と同じく内野を守り、さらに”弟”...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする