クリス・カーター電撃日本入りか!昨季ナリーグ41発本塁打王戦力外

現在ヤンキースに所属する、昨季ナリーグで41発を放ち本塁打王に輝いたクリス・カーター内野手(30)がメジャー40人枠から外されるという電撃が走った。昨年ブルワーズでプレーしたカーターはナリーグ最多タイの41本塁打を打ちホームラン王に輝き、その年のシーズンオフにカーターの代理人が日本移籍も視野に入れていると報道し、カーターの日本球界入りが話題となり騒がれていた今季シーズン前だったが、ヤンキースと1年300万ドルで契約し日本球界入りが消滅してしまった経緯の持ち主だった。

14年には37本塁打、昨年は41本塁打とメジャーでもバリバリな打者なだけに今後のカーターの決断が気になるところだが来季の電撃日本入りはあるのだろうか。

スポンサーリンク

昨季ナリーグの本塁打王クリス・カーターとは

メジャー8年間の通算成績は、打率217 HR158 打点397 三振945

メジャーでは典型的な三振かHRかというプルヒッターで本塁打王でありながら三振王でもあった。メジャーでの6年間の成績は、12年.打率239HR16、13年.打率223HR29、14年.打率227HR37、15年.打率199HR24、16年.打率222HR41、17年.打率204HR8(57試合)と、バリバリのメジャーリーガーだが、HRの5倍は三振するという扇風機。

守備は主にファースト、DH、レフトも出来るが守備レベルは低くDHのあるパリーグ向き。しかし、仮にもメジャーリーグバリバリの本塁打王と6年連続二ケタホームランはだでではなく、年俸次第ではシーズン中の日本への電撃移籍もありえるのではないだろうか。

クリス・カーター、ヤンキース解雇により日本への移籍の可能性は?

現在の年俸は300万ドル(3億3千万)と、元メジャー本塁打王としては安く、本人も今季は日本入りを視野に入れていただけに、単年2億~3億、2年総額6億~8億前後(出来高契約金込み)も出せば獲得出来る可能性は高いが、問題は極端な例だが2割30発の打者を4億5億で欲しいか?ということになるだろうが、それでもファンからすればメジャーのキングを見てみたい。

HR打者がいない巨人、そしてレフトも一応守れることから、巨人が獲得に動くかどうかはまだ未定だが、今の巨人にはホームランか三振かでもHRを狙える劇薬が必要か?

それならギャレットで事足りる?しかし、電撃的な戦力外というヤンキースがメジャー40人枠から外したことから、当然本人も条件が良いチームを探すわけで日本の球団が獲得に本気を出せば日本でクリス・カーターが見れるかもしれない。ソフトバンクが行くのか?巨人が狙うのか、はたまた阪神がいくのか、クリス・カーターからしばらく目が離せない・・

記者A
メジャーって去年の本塁打王でも戦力外になるんですね~
89オンライン編集長
それほど強打者がひしめき合っているんじゃよ
記者A
日本の球団も獲得狙ってるんですかね?
89オンライン編集長
ヤンキース次第じゃろうが、単年2億~3億位で来てくれると獲りたいかも知れんが、まずは本人は少しでも条件の良い他球団移籍をもくろんでいるはずじゃ!
89オンライン編集長
君もわしと単年契約してみるかね?
記者A
・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする