【オリックス】マット・カラシティ獲得か!新外国人補強は3A守護神

オリックスが新守護神候補に、マット・カラシティをリストアップ

オリックス・バファローズが守護神、平野のメジャー挑戦が濃厚なことから、それにともない新守護神の獲得に動いていた。メジャー球団カブス傘下のマット・カラシティ(26)を、平野流出にともない今オフの新外国人候補の最有力候補としてリストアップしていることが分かった。

投げては150キロの速球に、チェンジアップやスライダー、スプリットの変化球を投げ3Aでは高い奪三振力を発揮していた救援右腕。

オリックスでの平野に変わる新守護神候補、リリーフ投手としリストアップしているようだ。

スポンサーリンク

マット・カラシティ!オリの新守護神か

2012年ドラフト6巡目→ロッキーズ → カブス、マット・カラシティ191cm,94kg、右投右打

メジャー通算成績:19試合、1勝0敗、防御率9.18

3A通算:52試合、1勝3敗23セーブ、防御率2.86

メジャーでは、2016年に救援投手として対ロッキーズ戦に1回を投げ初勝利した。2016年のメジャーでの登板内容は、15回を投げ、失点17、自責点16、被安打25、与四球11、奪三振17、被本塁打1本の成績を残していた。

また、今季の3Aでは46試合、49回2/3を投げ68奪三振、21セーブの成績を残している。

オリックスの今オフ補強

オリックスの今オフのストーブリーグが動き出してきた。新外国人候補は平野流出を視野に入れ投手をリストアップしているようだが、その新守護神候補にマット・カラシティ(26)、国内からのFA補強では阪神タイガースの大和、日本ハムの増井投手の獲得に動いているが、大和選手には3年3億円の条件提示へ、昨日FA宣言した増井投手には4年の複数年契約を提示するという。

その大和選手の獲得を争うDeNAは4年契約のオリックスと同等以上の好条件を提示するとみられ、日本ハムの増井の獲得を争う巨人は、獲得したい選手の年俸は他球団以上の条件を提示してでも獲得を狙う球団で、オリックスが狙う大和と増井の獲得は難航が予想される。

また、DeNAは来季の優勝を目指し西武の野上にも3年契約での好年俸を提示すると見られ大和選手ともども獲得の本気度は高く、オリックスも条件の見直し、そしてマネーゲームへの発展が予想されるが、増井投手も巨人はオリックスが4年の条件を提示すれば同等以上の条件を提示すると見られ4年10億円前後でのオリックスと巨人との争奪戦になりそうだ。

しかし、オリックスが本気を出せばDeNAや巨人に負けない条件を提示出来ると思われ、今オフの大和、増井獲りを狙うDeNA、巨人、そしてオリックスのストーブリーグから目が離せなくなりそうだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする