阪神が今オフ西武FA浅村と日本ハム中田翔の大阪桐蔭コンビをW穫り?

阪神タイガースが、国内フリーエージェント(FA)権を獲得した西武ライオンズの浅村栄斗内野手(27)と、8月にもFA権を取得する広島カープの丸選手の獲得調査に乗り出すことが分かった。

今オフのFA選手は、近年まれに見る大物選手が目白押しで他球団からはロッテの角中選手やオリックスの西投手、阪神の上本、巨人の沢村投手などなど超大物選手のFAラッシュ年だが、阪神タイガースは西武の浅村選手と広島カープの丸選手にターゲットを絞ったようだ。

スポンサーリンク

阪神タイガースが西武の浅村穫りへ

阪神タイガースが浅村選手と丸選手の獲得調査に乗り出すことが分かったが、本命は浅村選手ではないだろうか。

現在、若手育成を掲げているタイガースだがその若手が伸び悩んでおり、特にセカンドは今オフドラフトでも内野手に注目するなど阪神の補強ポイントとなっており、打てるセカンドは是が非でも獲得したい、必ず獲得したく、浅村選手はまさに阪神にとってはドンピシャの補強ポイントになりそうだが、丸選手はどの球団も欲しい選手だとは思うが阪神が本腰を入れて獲得に乗り出すのは浅村が獲得出来なかった時の保険、いわば優先順位は浅村の次になるのではないかと思いますが、

現実的には、もう一人の超大物選手である日本ハムの中田 翔選手はロサリオの2軍落ちと昨オフドラフトでの一塁手、清宮の獲得失敗でいよいよ今オフの獲得が現実的になってきたと感じますが、浅村選手については間違いなく争奪戦へ、マネーゲームへの発展が予想され、阪神タイガースの大阪桐蔭コンビのW獲得の可能性が高まってきたかもしれない。

巨人・オリックス・ソフトバンクも浅村穫りに参戦か

まず、巨人だが浅村選手がもしもFA宣言したとすれば必ず巨人の名前は浮上してくるだろうが、内野手に吉川尚、田中俊太がいる巨人が獲得に動くのか?という疑問が出てくるがもしも巨人が獲得に動くとすればサードとしての獲得が予想される。

しかし、浅村選手は過去のインタビューではサードはとらうまだった、過去はショートを守りたいといい、ファーストではゴールデングラブ賞も獲得した浅村選手は内野ならどこでも可能かもしれないが、セカンド、ショート、ファーストと、浅村選手にとってもどこでもいける阪神が守備位置ではベストポイントで、大阪出身で阪神ファンとも噂される浅村選手のFA先の本命かに思えるが、

ここに割って入ってきそうなのがオリックスとソフトバンク、特にこの両球団は本気になればどの球団にも負けないかもしれないという資金力で勝手知るパリーグということもあり、もしもソフトバンクが大金を積めば阪神の最大のライバルになってくるかもしれないが、オリックスも浅村選手の獲得調査に乗り出したことを宣言しており、現段階では阪神とオリックスの関西球団で、地元選手浅村の争奪戦になってくるかもしれないが、サード松田や、ファースト内川の後釜や、打てる内野手を固定したいソフトバンクは、ベテラン野手の世代交代の過渡期に差し掛かっており、もしも浅村選手がFAすればソフトバンクの参戦の可能性は限りなく高いと予想する。

はたして、浅村選手はFA宣言するのだろうか・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする