阪神が新外国人アルシア獲得か!メジャー44発の左の大砲獲り

阪神が新外国人候補にオズワルド・アルシア外野手(26)をリストアップ

阪神タイガースが、来季の新外国人候補にオズワルド・アルシア外野手(前ダイヤモンドバックス)のリストアップ入りを明かした。

現在、獲得の難航が噂されているロザリオ選手は、韓国ハンファに所有権がありまだ交渉を行う事が出来ないのが現状で、そこへメジャー希望とも噂され日本と米国での争奪戦も予想されており、いろいろ考えないといけないという。

もしも、ウィリン・ロザリオ選手にこだわり取り逃がせば他選手もいなくなってしまい出遅れてしまう。

また、ロザリオ選手は第二のテイムズとしてメジャーもマークしており年俸の高騰は必須、阪神は3億円を準備しているとも言われているがさらなるマネーゲームに発展した場合は撤退も予想されることから、他選手との交渉も先手を打っておかないと昨年に取り逃がした巨人のマギー選手のように新外国人獲得の失敗は許されないという訳だ。

そこで、ダイヤモンドバックスをFAとなり獲得交渉を行うことが出来るオズワルド・アルシア外野手が急浮上。

スポンサーリンク

阪神、オズワルド・アルシアをリストアップ

アルシア選手はメジャーデビューの1年目には14本塁打をマークした左の長距離砲だ。翌年は20本塁打しておりメジャーバリバリの大砲候補。

その後は低迷しているが今季の3Aの成績は93試合に出場し、3割2分6厘、24本塁打、87打点とまずまずの成績を残しており、14年、15年での調子が発揮できれば左右に関わらずに阪神での4番を任せることが出来る。

阪神は右の強打者、ロザリオ選手を筆頭にマークしているようだが、ロザリオ獲得が厳しいと判断した場合は、他球団の動向次第では左の大砲のアルシアの獲得が早まるかもしれない。

また、阪神タイガースの来季の新外国人補強は、台湾の呂彦青(ル・イェンチン)の獲得が決まり、ディエゴ・モレノ投手(前インディアンス)の獲得が決定的となっている。

オズワルド・アルシア(メジャー成績)

MLB4年間の通算成績は、288試合出場し、打率235、44本塁打、131打点、983打数、339三振、長打率422、出塁率298、OPS 720

2007年ツインズ→2016年→レイズ→マーリンズ→パドレス→ダイヤモンドバックス

また、アルシア選手は外野手ですが、14年は右翼で100試合の守備に就き5失策の守備率は975、13年と合わせると2年連続でDRS-10以下と、もしも獲得した場合はファーストか外野手として起用するのかが気になるところだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

フォローする