ヤクルトに青木宣親が復帰か!獲得を明言、巨人も狙う?メジャー疲れた

精神的にメジャーは疲れたと意味深に語ったメッツを自由契約となった青木宣親選手、特に今季の青木宣親外野手(35)は、アストロズからブルージェイズへと放出され、その1か月後には今季の通算成績は2割7分4厘、5本塁打という成績にも関わらず戦力外通告を受けメッツへと激動の年となった青木選手が、ちょっと精神的に疲れたというのもうなずける。

その青木宣親はメジャーで出来る限りプレーしたいというが年齢的にもメジャー契約で獲得を狙う球団は厳しい状況だ。

また、招待選手として獲得を狙う球団があったとしても、今後の去就についてのメジャーにこだわるのかの質問のコメントに、そのへんは考えられないがメジャーはちょっとつかれたかもね、と語る青木がマイナー契約を受け入れる可能性は低いかもしれない。

スポンサーリンク

宮本ヘッドと青木の確執でヤクルトには戻らない?

ヤクルトの社長や球団とは良好な関係を築いている青木宣親選手ですが、過去の宮本ヘッドと青木選手の確執、現在は和解しているというが、この二人の仲の悪さは噂され青木の結婚式には選手会長の宮本選手だけ出席せず、溝が出来ていたのは事実かもしれない。

理由はさまざまな憶測が流れていますのではっきりとした理由は割合しますが、その宮本は今やヘッドで次期監督候補、来年にも監督かといわれている宮本氏がいるヤクルトに青木選手が戻ってくるとは考えにくい。

また、若手育成の方向に路線を変えているヤクルトだが社長はもしも青木選手が日本球界に戻るなら獲得に動くと明言はしているが犬猿の仲と言われている次期監督の宮本ヘッドがいるヤクルトへ戻るかどうかは青木選手の心次第だろうか。

ソフトバンクと巨人も獲得を狙う?

ソフトバンクも、青木宣親や上原のメジャー組への獲得調査は毎年行っていると噂されている。一件ソフトバンクの外野枠に青木の枠はなさそうですが、ソフトバンクはメジャーの経験を重要視しており若い世代の育成の為にその経験を伝えて欲しいと松坂の獲得にも動いており言い方を変えれば高い年俸を払ってもグッツで元は取れ、金銭的にも一番高条件を提示出来る球団はソフトバンクかもしれない。

対する巨人は野手の高齢化が進んでおり来年36才になる青木の獲得に動く可能性は低そうですが、仮定の話をすれば来季の巨人の外野はバレンティン選手かゲレーロ選手と、陽に長野選手が濃厚、しかし長野選手については近年は著しい成績の低下で来年の長野選手の活躍を期待するよりも、人的保証が必要とならない青木選手の獲得に動く可能性は、これまでの巨人の乱獲から考えれば0%では無いかもしれない。

あくまでも、青木選手がメジャーでの獲得球団が無ければの話ですが、ヤクルトやソフトバンクが獲得に動くことが濃厚だろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする